仮想通貨取引所HitBTCの口座開設・送金手順を画像付きで解説。特徴、メリット・デメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

HitBTCとは?

HitBTC(ヒット・ビーティ―シー)は、2013年にサービスを開始した海外の仮想通貨取引所です。

スタート時に、600万ユーロ(2018年3月現在のレートで約7.9億円)のベンチャーキャピタルの出資を受け、ソフトウェアエンジニア、金融トレーダーなどが立ち上げました。

運営会社は、当初は「Hit Techs Limited」という会社名で、2015年に英国ロンドンで登録されていました。

しかし、2017年3月に登録が解消されています。

そして、社名を「Hit Solution Limited」と改め、2017年3月28日に今度は香港に法人登記されています。

(Cyber Search Centor)

カブミチ
このように、HitBTCは法人登記地を変更していることがわかりますが、その他の経営実態については、積極的に公開していません。

HitBtcの特徴

1日の売買代金は、250億円程度で、ビットコイン(BTC)の売買高でいうと、世界で25位程度の取引所です。

(2018年3月28日時点 https://coinmarketcap.com)

取り扱っている通貨・トークンは、500種類以上あります。他社が扱っていないアルトコインも多数扱っています。

特徴としては、Monero(XMR)、Dash(DASH)、Zcash(ZEC)などの匿名通貨の売買高が多いことであり、それらでは売買代金で世界3位以内に入っています。

(2018年3月28日時点 https://coinmarketcap.com)

HitBtcのメリット・デメリット

メリット:売買手数料が安い。リベートが得られる。

売買手数料が0.1%と安いです。

また、成行ですぐに約定させずに、指値で板に置いてから約定することで、Rebate(キックバック)が0.01%得られます。「流動性を増加させることに貢献しているから」という理屈です。

メリット:本人確認が不要

口座開設は、メールだけでよく、本人確認は不要となっています。

従って、未成年でも、パスポートが無くとも、免許証が無くとも、口座開設は可能であり、手続きも5分あれば完了します。

以前は銀行の残高証明、居住証明などを送り本人確認を行うことで、アカウントのグレードを上げ(最初はGeneral)、出金制限枠を引き上げることができましたが、今はアカウントのグレード(General、Verified、Qualified)による出金制限の差はありません

メリット:新規上場の受け入れ

新規の取り扱い通貨・トークンについて、慎重になっている取引所も多いなかで、HitBTCは積極的にICOの上場を受け入れています。今後も、ICO投資家にとっては、出口手段として必須の取引所といえます。

デメリット:本人確認が不要のため、当局に規制される可能性も

本人確認不要としている取引所は、使い勝手が良い反面、マネーロンダリングの温床となりえるため、各国当局から規制される可能性があります。

日本でもBinanceが金融庁から名指しで警告を受けましたが、HitBTCも日本語表示を用意しています。最近も、ノアコイン(NOAH)という日本で大規模に資金を集めたコインがHitBTCに上場しましたので、日本人ユーザーが増えると、Binanceのように警告を受ける可能性があります。

また、前述したように、香港に登録されているとはいえ、誰が運営しているのか不透明であり、長期で資金を置いておくには不安が残ります。

デメリット:セキュリティ対策が不明

セキュリティ対策は、二段階認証など基本的な対策に留まっている印象です。

「機関投資家や富裕層をターゲットとしたPro Accountにアップグレードした場合のメリット」として、「BTCやETHをロンドンのCold Storageに保管する」と記載されています。

逆に言うと、普通のアカウントだと、顧客資産はオフラインで保管されていない可能性が高く、その分ハッキングのリスクは否めません

とはいえ、取引所のコア機能である取引マッチングエンジンでは高い技術力があると評価されています。

ICO投資家によく使われている取引所であり、以前は米国、ロシアが多かったですが、最近は日本からHitBTCへのサイト訪問者が増えています。

カブミチ
このようなHitBTCの特徴を理解した上で、必要に応じて賢く利用するべきだと思います。

口座開設の手順

手順は以下の通りです。本人確認が不要ですので、5分で完了します。

①メールアドレス、パスワードを登録

②受信したメールのリンクをクリック

③二段階認証を設定(任意)

メールアドレス・パスワードを登録

まず、HitBTC公式サイトhttps://hitbtc.comに飛びます (別ウィンドウが開きます)

言語はデフォルトでEnglishですが、「Japanese」を選択し、「Register」をクリック

メールアドレスとパスワードを入力。

POINT

パスワードは、取引所ごとに、ランダムな数字・文字列を利用することをおすすめします。パスワードがハッキングされて、他の取引所で芋づる上に資金が抜かれるリスクがあるからです。

私は、以下のパスワード作成ツールを利用し、取引所ごとに、異なる40字のランダム文字をパスワード設定しています。

http://www.luft.co.jp/cgi/randam.php

受領したメールを確認

登録したメールアドレスに確認メールを送ったと表示されます。

自分のメールボックスから、HitBTCからのメールを選んで、リンクをクリックします。

メールアドレス、パスワードに加えて、「私はロボットではありません」をクリックして登録完了です。

二段階認証の設定

任意ですが、段階認証をすぐに設定することを強くおすすめします。

ログイン後、設定→セキュリティから、Google Authenticatorのアプリを利用して、QRコードをスキャンします。

必ず、バックアップコードをコピー&ペーストや、印刷で控えておきます。

スマホアプリに表示される6桁の認証コードを入力します。

「Action required : enable 2FA」というタイトルで確認メールが届くので、リンクをクリックして完了です。

HitBTCへの送金方法

ICOで手に入れたトークンをHitBTCに送るなど、仮想通貨の送金は、以下の手順です。(日本円の送金には対応していません)

ログイン後、Acアカウント→通貨を選択(検索可)→入金→アドレスをコピー

コピーしたアドレスを、取引所やウォレットから送る際の宛先に貼り付けて送金します。

カレンさん
とりあえずこれで、ICOで買ったトークンを、HitBTCに送ることができるね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする